テナント事務所1階の雨漏り

静岡市駿河区西脇にあるある会社事務所から雨漏りするとの事で伺いました。
東側の1階サッシ下の床面から湧くように雨漏りしたと事で早速外壁面を確認しました。

外壁はALCでした。

この外壁材は断面が軽石状になっており、防水処理をしっかり行う必要のある材です。
下記写真を見て下さい!

外壁と基礎との取合い横目地に充填されたシーリング材が切れているのが分かると思います。
又、縦目地と横目地の交差付近に亀裂が生じておりALCが割れているのが確認できます。

周囲を見渡したところ、他にも上記写真のようにシーリング材が切れていたり、ALCが割れている箇所がありましたので、散水試験をご提案したところ、予算が限られている為今回は点検シーリング補修で見込む事になりました。

お知らせ一覧へ戻る